ボディケアでキレイ肌

カードローン審査

bath480

 

体を洗う時に使うタオルやスポンジは、綿や麻、絹などの天然素材のものがベストです。

 

 

硬い繊維のタオルや、あかすり用のタオルは、必要な皮脂や角質まで落ちてしまい、
肌荒れや黒ずみの原因となってしまうので、毎日使うのは厳禁です。

 

 

毎日入浴する人なら、ボディーソープを十分に泡立て、優しくなでるように洗うだけで、一日の汚れは落ちてくれます。

 

 

ゴシゴシと力を入れて洗ってしまわないよう、肌の健康のために、やさしく洗うように気を遣ってあげましょう。

 

 

ひじやひざは、ちょうど関節の部分なので、何かと摩擦が多いので、
角質層が厚く硬くなり、黒ずんでしまったり、透明感が失われたりしがちです。

 

 

週に1度程度、古い角質を落とすケアをしてあげましょう。

 

 

スクラブ入りの洗浄料や、クリームで、ひじやひざをマッサージして洗い流すだけで、驚くほど、ツルツルになります。

 

 

お腹やバストなどのデリケートな部分には、絶対に使わないでください。

 

 

古い角質を落とした後は、保湿効果の高いボディケア用品で、ケアしてあげるようにしましょう。

 

 

子どもから大人まで、サメ肌の方が多くいます。

 

 

症状がひどく、気になる場合は、皮膚科で薬をもらうべきですが、自宅でも改善することができます。

 

 

肌が乾燥すると、角質が硬くなり、サメ肌を悪化させてしまうので、
乾燥しやすい入浴後に、ボディ用のローションやクリームで、たっぷりと保湿してあげると症状が改善されます。

 

 

キレイ肌のために、保湿は毎日の日課にしましょう。